王 君香
WANG Junxiang

所属/筑波大学 人文社会科学研究科 歴史・人類学専攻 歴史地理学コース 5年
連絡先/kaorio602(at)yahoo.co.jp
*(at)は@に変換
研究テーマ/近代黄河下流域における内陸水運と商品流通
フィールド/河南省,山東省
キーワード/外邦図,地方志,旅行記,満鉄調査資料

_MG_6783_edited_edited.jpg
 

​​論文

  1. 王君香「外邦図にみる黄河下流域における渡口の分布」人文地理72-1,2020,21⁻38頁.

  2. 中西僚太郎・原遼平・豊田紘子・髙橋淳・伊藤大生・王君香「筑波山南麓地域の田畑・山林利用と養蚕信仰の展開」歴史地理学野外研究19,2020,31⁻61頁.

  3. TOYOTA Hiroko, SUZUKI Shuya, HARA Ryohei, WANG Junxiang, ITO Daiki, Examination of Japanese View of Nature In Lime Mining and Establishment of Prefectural Nature Park in Chichibu,Saitama Prefecture-The Struggle between Industrialization and Landscape Conservation, Field Studies of Historical Geography19, 2020,pp.63-68.

  4. ​​中西僚太郎・王君香「筑波大学人文社会科学研究科歴史・人類学専攻資料室所蔵の外邦図について」歴史地理学野外研究18,2018,85⁻112頁.

  5. 小口千明・川崎俊郎・髙橋淳・三津山智香・菊凛太郎・木村遼之・藤野哲寛・王君香・桜木真理子「近現代茨城県旧筑波郡および矢田部市街の活況とその後」歴史地理学野外研究17,2016,59⁻94頁.

  6. 髙橋淳・王君香・中西僚太郎「近世~近代の相模国津久井牧野村の集落構成と生業形態」歴史地理学野外研究17,2016,1⁻23頁.

 

​​研究発表

  1. 王君香「近代黄河下流域における碼頭の分布」歴史人類学会例会,筑波大学,2017年7月7日。                                   

  2. 王君香「近代黄河下流域における渡口の分布と渡河の実態」2017年人文地理学会大会,明治大学,2017年11月18日。

  3. 王君香「近代期の山東省における黄河水運に関する一考察―日本人中国旅行記を主資料にして―」第一回東アジア日本学研究学会国際シンポジウム,魯東大学,2018年9月15日。 

  4. 王君香「近代山東省黄河沿岸の農産物流通に関する一考察」歴史地理学会第251回例会,東京学芸大学,2019年3月3日

  5. Toyota Hiroko, Ito Daiki, Suzuki Shuya, Hara Ryohei, WangJunxiang「Mapping vanished mountain shapes—―The struggle between limestone mining and establishing a natural park at Mout Buko―」,International Cartographic Conference2019,the National Museum of Emerging Science and Innovation in Tokyo,2019年7月16日